NGポイント~男性編/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > PARTY TECHNIQUE > NGポイント ~男性編

『PARTY TECHNIQUE NGポイント ~男性編』

NGポイント画像パーティーでは、会話する雰囲気作りや、最低限のマナーを守る事がとても重要な要素です。 一言で、雰囲気をガラっと変えてしまう…そんな事もありえます。NGワードというよりも、その先を察する事が出来なかった配慮のなさ、空気の読めなさに女性はがっかりするものです。
そんな方は、お付き合いする相手として予選落ち…という残念な結果にならないよう、しっかりチェックしてみて下さい。


否定より、同意出来るポイントを探しましょう。

女性が「私○○が好きなんです!!」と話したら、
「僕はあまり好きじゃないな」と返してくる男性。

他にも「それは違うよ」「俺はこう思うな」「なんでそんな考えなの」「それは駄目」等の切り返しは最悪と言っていいでしょう。説教するのはもっと最悪です。女性はあくまでも聞いて欲しいというスタンスなので否定されると苛立ちしか起こりません。例え「椎茸が食べられない、嫌い」と言っていても「え~なんで?美味しいよ! 食べた方がいいのにもったいない」等些細な事でも否定はいけません。「そうなんだ!あれは独特で好き嫌い分かれるからね~」等共感してあげましょう。
最初から否定されてしまうと、柔軟性がない男性と思われてしまいますので、注意して下さい。

女性は会話を通して、男性にアドバイスというよりも、感情の共有を求めている場合があります。
彼女が嬉しいと思った話をしているのなら、「それは良かったね」、美味しいお店を見つけたという話をしているのなら、「すごく美味しそうだね」「僕も行ってみたいな」等、お相手の感情を読み取り、あなたの口から言葉にしてみるのです。
そうする事で、「私の話をちゃんと聞いて、気持ちを分かってくれる人」と女性の好感度UPにつながるでしょう。

スマートに自分の事を語りましょう。

女性は男性の自慢話が嫌いです。
男性は、得意気で気持ちが良いのでしょうが、女性は本当にうんざりしています。お見合いパーティーでは、ステータス、所有物、学歴はもちろんアピールポイントですが、聞いてもいないのに「僕ってすごい男でしょ?」と言わんばかりに全面に自分からアピールされると、正直女性は疲れます。

それよりも仕事に対する熱意、所有物に対する愛着、努力の過程等を話すと好感が持てます。
そのような会話の中で、仕事の内容や、持っているもの等をサラリと伝えればいいのです。

会話中気を付けたいポイント ~男性編

■体に関する事には触れない

相手を褒めた方がいいと言っても、体に関する事は触れない事が良いでしょう。大きい・小さい・長い・短い等、こちらからしてみれば「小さくて可愛らしいですね」「背が高くてモデルさんみたいですね」等褒めたつもりでも、相手にとってはコンプレックスで触れてほしくない場合があります。

■昔の彼女の話をする

聞かれて答える分にはいいかもしれませんが、他の異性を話題にするのはやめた方がよいでしょう。例え好きな男性からでなくても女性は自分に注目して欲しい所がありますので会話している時はその女性に目を向けて話しましょう。

■話を勝手にまとめる

話すのが得意でない女性だと、ついつい「要は○○○だよね?」等とまとめてしまいたくなるかもしれませんが、これもNGです。女性のペースに合わせて、話をじっくりと聞く、という姿勢が大切なのです。
男性は「起承転結」ですが、女性は「起承転」で結は抜けて話題がコロコロ変わっていく事を覚えておいて下さい。何度も言いますが、女性は「話を聞いて欲しい」だけなのです。

■話を勝手にさえぎる

女性が話している最中に強引に遮断してしまうと、「私に(話に)興味がない」と思って気分を悪くさせてしまいます。ひと段落するまではちゃんと聞いてあげましょう。ひと段落してからならあなたの会話も聞いてくれますよ。

パーティー中は大人のマナーを守って、スマートに振る舞いましょう

異業種交流パーティーはビュッフェスタイルである事が多いのですが、正しいマナーが身についていますか?優雅な立ち振る舞いができる男性は、仕事でもプライベートでも周りの雰囲気を読み、その場にあった対応が出来る方が多いように思います。その場にあったスマートな動きが出来るかどうかが、高評価・低評価の分かれ道になるでしょう。

■パーティーのメインは会話

このパーティーの魅力は、多くの人と会話を楽しみ、新たな交友関係を築く事が出来る点です。ビジネスなら、積極的に名刺交換をするようにしましょう。同じテーブルにいる仲間としか会話せず、料理を食べ続けるのはNGです。

■大きな手荷物を持って歩かない

パーティーでは大きなバッグを持ち歩いていては、動きが不自由になりますし、周りの迷惑になります。
予め、小さ目のバッグを用意しておき、大きいバッグや荷物はクロークに預けるようにしましょう。

■冷たい料理と、温かい料理は同じ皿に盛らない

冷たい料理と、温かい料理はそれぞれ別の皿に盛りつけます。ソースが混ざりそうな料理も同様です。

■取り皿の食べ残しはルール違反

料理はフルコースの順番に取って食べます。メインテーブル上に時計回りに並んでいますから、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザートの順に取ります。1度に取る量は3~4種くらいです。お料理の盛られたお皿の端から取っていくとよいでしょう。
料理を取ったらすぐメインテーブルから離れましょう。この時、テーブルに自分の皿やグラスなど汚れ物を置かないようにしましょう。よくご友人の分まで料理を大量に取ってくる人がいますが、たいていは残ってしまうものです。
食べ残しは何よりも不作法にあたります。自分の皿に食べきれる量だけを取り、残さないようにしましょう。

■皿とグラスは持って移動

食べかけの皿や、飲みかけのグラスをテーブルに置いたまま、他の場所へ移動する人がいます。食べかけの料理がのった皿やグラスが、テーブルに放置されている状態は見苦しいものです。
冷たい飲み物は水滴がこぼれないように紙ナプキンで包んだグラスと料理の皿、フォークを片手で持ち、移動するようにしましょう。

お皿の持ち方は、正式には左手で持ち、フォークをお皿にのせ親指ではさみ、グラスも左手で持ちます。しかしこれは至難の業のようで、慣れないと床に落としてしまいかねません。
無理をぜすにどちらか一方は、テーブルにおいておくと良いでしょう。右手は参加者の方と握手をしたり、ナプキンを使う為にも空けておいた方が良いでしょう。
食べ終わった皿はテーブルの端に置き、次の料理を取るときは新しい皿を使用します。
また、歩きながら食べるのもマナー違反です。
いくつかNGポイントを会話とマナーに分けてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?
何気ない一言・態度がマイナスに働いてしまう事が考えられますので、気を付けるようにして下さいね。

これから沢山の出会いの中できっと運命のお相手に出会う事でしょう。その時に向けて今回ご紹介させて頂いた事を忘れずに会話をしてみて下さい。きっと素敵な出会いのチャンスに繋がっていく事と思います。

HOME > PARTY TECHNIQUE > NGポイント ~男性編

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ