会場への行き方は事前に確認を/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > PREPARING FOR THE PARTY > 会場への行き方は事前に確認を

PREPARING FOR THE PARTY『会場への行き方は事前に確認を』

会場への行き方は事前に確認を当日になり、案内の地図を用意しても会場へ辿りつけない。 迷子になってしまったなんてことはありませんか?

イベントの案内掲示板等に掲載されている地図は、簡略化されているものだったり、チラシのデザインに合わせてポップなイメージに変更されていたりと、分かりにくい事がありますよね。
行きなれている土地でも、初めて出向く会場の際はインターネット等で詳細な地図を探しておく事をお勧めします。

パーティー前日に会場場所を把握しておくようにしましょう。

会場への地図は出来るだけ見やすい地図を検索し、プリントアウトしておきましょう。
目的地を赤ペンでマークしておく等、当日時間がなくてもすぐに分かるようにしておく、といった準備をしておくといいでしょう。

また、平面の地図だけではなく、今はインターネットのグーグルからストリートビュー(街並みの写真)を見る事が出来ます。
平面の地図を見て、建物の名前だけではイメージがつかない場合、ストリートビューを前持って見ておき、現地の雰囲気をつかんでおくと分かりやすいかもしれません。

地図を前もって見たときに、到着地の周りに有名な建物(たとえば、銀行、劇場、大きなスーパー等)があるかどうか、チェックしておきましょう。
地図を準備していても、現地に向かっている途中で迷子になってしまうことも考えられます。そんな時は、近くにあるコンビニ等で会場の場所を聞くのが早いかもしれません。

分からない土地で、右往左往してしまうと目的地からどんどん遠ざかってしまう事も考えられるので、現地に詳しい人に道を聞きましょう。
ただ、中には小さなレストランを貸し切って行うような会場もある為、コンビニの店員さんが会場を知らないといったケースも考えられます。
そんな時の為に、誰もが知っているような大きな目印を一つ、ポイントとしてチェックしておく事をお勧めします。
会場までタクシーを利用する場合も、こういったポイントを決めてくと、タクシーの運転手さんに伝えやすいといった利点があると思います。

最近では、携帯電話の有料サービスに、音声で案内を行ってくれるものもあります。
土地勘のない方は、こういったサービスを利用するのも一つの方法です。地図を読むのが苦手な方も音声での案内なら、安心出来るのではないでしょうか?

こちらのサービスを利用する際に注意して頂きたいのは、携帯電話の充電残量。
音声での案内は、充電使用料が多く、どんどん充電が減っていきますのでご注意を。携帯出来る充電器等を持参していくと、より安心でしょう。

会場にたどり着けない!トラブルを想定して早めの出発を心がけましょう。

上記の方法でも会場にたどりつけない!そんな時は、やはりパニックになってしまいますよね。

最後の手段として、これから伺う会場に、直接電話をして、道案内をしてもらいましょう。
その為に、当日の会場の電話番号を携帯に登録しておくとよいでしょう。この前準備をしておくだけでも安心出来ますよね。

会場に電話をしなくてはならない場合、まず自分の立ち位置を説明しやすい場所にしておきましょう。
電話に出てくれた会場スタッフに、自分が今どこにいるのかを正確に伝える事が、会場までの道案内をスムーズに行って頂く第1歩です。
(○○銀行を背にして、右手にコンビニがありますとか、○○のスーパーが前にあり、左に○○交差点が見えます等々)

向かう会場が遠方の場合、会場までのアクセスも重要になってきます。電車で向かう方、お車で向かう方、様々な手段があると思います。
電車で向かう場合、乗換案内等で会場近くの駅までの乗り換え方法が出てくると思いますが、大きな駅での乗り換えは、ホームとホームが遠く、時間がかかる場合も。

初めて会う方がいる会場で、遅刻してしまうとマイナスイメージに繋がりかねません。ビジネスに繋がるような出会いの場合、時間を守れるか、守れないかは最も重要なポイントです。
家を出る時間は、ちょっと早すぎるくらいがちょうどいいかと思います。早くついてしまった場合は、会場の周りを散歩してみてはいかがでしょうか?
会場に着いた際の話題の一つに、『ここの近くにおしゃれなレストランがありますよね。ご存じでしたか?』等、話題に出来る要素が落ちているかもしれません。
時間ギリギリの到着は、人間だれしも焦ってしまうものです。時間に余裕を持って行動出来るよう心がけましょう。

車で会場に向かう場合、会場まではカーナビによる道案内が主流かと思いますが、ナビのない方は地図のご用意を。
途中で事故があったり、思いがけない工事を行っていたりと、予定通りのコースを通れない場合もありますので、その場合の対策を行ってから出発すると良いでしょう。

会場近くまで無事に着いた所で、重要なのは会場近隣に駐車場があるかどうか。都内ですと、駐車場のない会場も珍しくはありません。車で近くまでは来たものの、駐車場がなくてウロウロなんて経験はありませんか?
大きな道路ですと、Uターンするのも難しく、無駄な時間を過ごしてしまいがちです。
インターネットでも、駐車場の場所、値段等が検索出来ますので、空きがない場合も含めて3ヵ所くらい駐車場をピックアップしておくと良いでしょう。

また、裏の路地は一方通行が多くなってきますので、そちらにも注意しましょう。
車ならではのトラブルは、やはり渋滞ですよね。電車同様、こちらも時間に余裕を持っての出発を。焦って運転をして、事故を起こしてしまう等、取り返しのつかない事にならないよう注意しましょう。

もし、当日会場に行くメンバーが、1人ではない場合。
待ち合わせをして一緒に行く事も、迷子防止かもしれません。自分では知らない情報を友人が知っているケースも。
気分的にも、1人で迷子になってしまうより、2人、3人のほうが心強いですよね。

会場までスムーズに到着し、初めて会う方へ挨拶する時は心に余裕が欲しいものです。
到着までにバタバタしてしまうと、当日に自分の力がすべて出し切れないのではないでしょうか。
準備にやりすぎはありませんので、当日スムーズに、また時間通りに会場へ到着出来るよう心がけましょう。

HOME > PREPARING FOR THE PARTY > 会場への行き方は事前に確認を

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ