異業種交流会・パーティーでのあらゆる出会いの場をサポート!| パーティーの総合情報サイト パーティーガイド

HOME > AT THE PARTY パーティー中のマナー > ~ ビュッフェバーでたむろしない

『パーティー中のマナー ~ ビュッフェバーでたむろしない』
まずはホストに挨拶に行きましょう ビュッフェバーでたむろしない 知らない人ばかりでも、つまらない顔はNG 著名人がいても写真を撮るのはNG お帰りの際はスマートに

パーティーでは会話を楽しむのがマナーです。

立食式のパーティーや式典ではなんとなくソワソワしてしまったりして、話し相手を見つけるまでは居場所がないような気がして落ち着かないものです。
ですが参加したのなら会話を楽しむのもマナーの一つです。知人がいないからと会場のなかでボケっとしていたり、食べてばかりしている事は、あまり良い事ではありません。
また、知人友人同士で話に夢中になって椅子に腰をかけたまま独占している光景もよく目にしますが、椅子は年配の方やお疲れの方が一時的に使用するものですので、会場に入ったら知り合いを増やす為に移動しましょう。

ビュッフェスタイルパーティーのマナー

立食のビュッフェ形式では、ついつい自分の好きな料理やデザートだけをお皿に乗せてしまいがちですが、ビュッフェにもマナーがありますのでしっかり覚えておきましょう。

ビュッフェではコース料理と同じくオードブルから盛り付け始めるのがルールです。
好き勝手に取って行く事は、行儀が良くありません。
右回りに進むとオードブル⇒スープ⇒メインディッシュ⇒デザートへ進めるようになっている事が多いので、流れに沿って進みましょう。

よくてんこ盛りに盛り付けていかれる方も見受けられますが、こちらもやめましょう!2~4品程度がベストです。
冷・温料理は分けて入れましょう。一度に沢山いれずとも食べ終わったらお皿を変えて取りに行きましょう。
沢山盛り付ける欲張り盛りに注意して下さい。
また、自分で食べきれるぶんだけ取るのもマナーです。万が一食べ残すのであれば、給仕係にそっと渡しましょう。

料理を取る際も料理の前で立ち止まらず、スムーズに取って行きましょう。
テーブル近くでタバコは吸わないで下さい。こちらは社会人としての最低限のマナーです。
バーカウンターでお酒や飲み物を勝手につがない。こちらもマナーです。
沢山の知らない方がいる中での場になりますので、常に「人に対する思いやりや心使い」を意識していましょう。
迷惑だと判断される事や、不愉快にさせる行動・振る舞いは注意しましょう。

参加されている方とお話される時は、食事を取るのは控えましょう。飲み物グラス持っていた方が見た目にも良いです。グラスに紙ナプキン等が巻いてある場合がありますが、これは水滴等が垂れて御召物を濡らしたり、汚したりしない為の物ですので、そのままにしましょう。

女性の方は両手が空きやすいショルダータイプのバッグ等を持っていかれたほうがよいでしょう。男女に言えることですが、鞄やバッグで椅子を確保するのは問題外です。

大勢の人との交流を深めながら食事を楽しむのがビュッフェ(立食)の目的です。食事を取りに行くのは、司会から「お食事をどうぞ」との挨拶が終わってからにしましょう。また、歩きながら食事をするのは当たり前ですが絶対にしてはなりません。
食事中に話しかけられる事も多いので、その際はお皿をテーブルに置き、飲み物を持って会話を楽しんで下さい。テーブルを移動する際は飲み物を持って移動してください。

タバコについてですが、ビュッフェ等の場所での喫煙は基本的に控えた方が良いでしょう。
タバコを吸うときは、喫煙所に行くか、無い場合は周囲のひとに「タバコを吸ってもよいですか?」と一言断りをいれるのが礼儀です。煙が周囲に流れて迷惑をかけていないか注意して下さい。

いかがでしたでしょうか?
テーブルマナーではなくビュッフェマナーはこれからの常識となりつつありますので、皆さんもマナーを守りスマートな振る舞いでビュッフェ形式をお楽しみ下さいね。

ビュッフェの雑学

「バイキング」と「ビュッフェ」という言葉の違いは何だと思いますか?

バイキングとは何回でも取りに行ってもよい!いわゆる食べ放題という意味だと思っている人が多いと思います。
ですがこれは日本だけのもので和製英語なのです。本来はフランス語である「ビュッフェ」で「Buffet」。
注意しないといけないのは、外国では食べ放題という意味ではなく、一度だけ好きなものをとって盛り付けても良いという意味となります。

今や日本中のホテルやレストランで見かける食べ放題ですが、どうしてバイキングと呼ぶようになったのか。
その歴史は1957年にさかのぼります。当時の帝国ホテルの支配人がデンマークを旅行中に、北欧の食べ放題の料理に出会いました。

現地では、「スモーガスボード」と言います。日本でも受けいれられると考えた支配人は、その形をさっそく取り入れる事にしました。
ところが「スモーガスボード」は、日本人にはなじみがないため、言いにくいと判断しました。
そして、社内公募をして、北欧と言えば「バイキング」が連想される事や、当時上映されていた映画「バイキング」の食事風景が豪華だったためにこの食べ方を「バイキング」と命名したそうです。

実際に、北欧の海賊バイキングたちは勝利を祝って大皿に料理を盛って好きなだけ取り分けて食べる事があるそうです。しかし「バイキング」というのは和製英語なので海外では通用しません。
では、ビュッフェの語源はどこから来ているのでしょうか。ビュッフェ(buffet)はフランス語でレストランの入口にある棚つきテーブルやサイドテーブルの事を言います。
そのテーブルの上に料理やデザートを飾ってディスプレイした事が始まりとされています。これが転じてテーブルに料理を並べて立食で食べる形式の事を、ビュッフェと呼ぶようになりました。英語ではバフェスタイルと言います。

HOME > AT THE PARTY パーティー中のマナー > ~ ビュッフェバーでたむろしない

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ