会話は上手に切り上げて/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > AT THE PARTY スマートな会話術 > ~ 会話は上手に切り上げて

『スマートな会話術 ~ 会話は上手に切り上げて』
自己紹介で掴む 名前を忘れても動じない 会話は上手に切り上げて 連絡先を聞きましょう

パーティー中の会話で注意するポイント

初対面の方と会話をする上で「いったい何を話せばいいのだろう?」といった疑問や「会話が続かない」、「話し出したものの、切り上げ方が分からない」、というようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

会話を盛り上げる方法、切り上げる方法をご紹介する前に注意して頂きたい事があります。
どんなに、人見知りや緊張をしていてもぼそぼそと話す事はせずに、愛想よく、出来るだけ視線を合わせて会話をするという事です。
“感じが悪い”と脳にすり込まれてしまうと会話が始まっていても、その印象を会話が終わるまで引きずってしまいます。
これは、声を出来るだけ高めに明るく返事をする事と、相手の目を見てうなずくだけでだいぶ印象が変わります。
会話は、言葉だけで成り立っているのでははく、ノンバーバル(非言語)も大きく関係しているので、それをふまえた上で会話に繋げて頂けたらと思います。

会話を上手に盛り上げるポイント その1

会話を盛り上げるポイントは、まとめると下記3点になります。

・相手に質問をする

・自分の体験、経験を話す

・マメに情報収集を心がける


まず始めに、質問をする事は、会話を盛り上げる基本です。質問をして相手が答えるという事は、とても自然な流れでスムーズに会話が続きやすくなります。内容は、〈休日の過ごし方〉〈相手の趣味〉〈仕事〉から入り、聞いた事から広げていくと良いでしょう。もちろん、貯金額、借金等個人的すぎるものや失礼な内容はご法度です。

会話の出だしとしては、「春らしくなってきましたね」や「暖かくなってきましたね」等、お天気の話題から入り、「行楽日和ですね」や「こんな日は○○へ行きたいですね」等へお話を繋げて下さい。
他にも、相手の方の身に付けているものに対して、「それかわいいですね」や「黄色がお似合いですね」等も気軽に出来る会話です。

話を進めていく例としては

あなた 「ご職業な何をなさっているのですか?」
お相手 「○○をやっています」
あなた 「そうなんですか。どの辺りで勤務されているのですか?」
お相手 「○○です」
あなた 「遠いですね。○○なら近いから△△でお買い物とかできてよさそうですね」
お相手 「はい、~です」
あなた 「△△の~(お店等)は有名ですよね!行った事はありますか?」
お相手 「ありますよ!~でした」
あなた 「そうですか!ぜひ行ってみたいです」
お相手 「おすすめですよ」
あなた 「駅から近いんですか?(どの辺りですか?)」

…というように会話を転換してお話を横に広げる事がおすすめです。

また、共通点を探す事も会話を広げる上で重要です。お互いの共通点が見つかると会話がよりスムーズになるからです。
勤務地や住んでいる所等地域についての質問や、その人が選んだもの(仕事や趣味等)に対してなぜそれを選んだのか、好きになったのかを聞いていくと共通点が見つかるかもしれません。
気軽に話しやすいだけではなく、少しでも「褒め」の要素が入り、相手に好印象を与える事が出来るのでおすすめです。

このように連想や発想、視野を広げる事で会話は広がっていきますので、意識して頂けたらと思います。

パーティー中であれば、相手の方のプロフィールカードが質問して頂く際、共通点を探す際に大変役に立ちますので、ぜひ活用してみて下さいね。

会話を上手に盛り上げるポイント その2

次のポイントは自分の体験・経験を話すという事です。質問ばかりしていては、相手の方も疲れてしまうので、ある程度話した所で最近あった事やあなたの思う事を話して下さい。
「身近でこういう事があって~」や「休日は~をしています」「昔は○○に住んでいて~です」等、普通の内容で大丈夫です。
おもしろい事を話したいのであれば、ご自身の失敗談を話してもるのもいいかもしれません。先ほど質問した内容に繋げて「○○さんの言っていた××に私が行った時は~で…」等積極的に話してみましょう。

また、笑顔で話す事もとても重要です。
笑顔でいる事で些細な会話でも、「楽しいな」や「もっと話をしてみたいな」等の好印象に繋がっていきますので、ぜひ笑顔でいる事を心がけて頂けたらと思います。
注意点としては、会話が盛り上がっていたとしても昔の武勇伝や自慢話、誰かの陰口等はお相手の方によっては呆れてしまったり、不快感を抱かれますので注意しましょう。
パーティー中の会話であれば、「お見合いやパーティーにはよく参加するのですか?」「何回参加された事があるのですか?」といったような質問もおすすめは出来ません。

最後の盛り上げるポイントはマメな情報収集を心がけるという事です。新聞や雑誌、ネットでの最新の情報や、話題の情報等は知っておけば会話をする上で話題として、とても役立ちますのでぜひ、マメにチェックして下さい。
特に、話題のニュースや自分の趣味に関しての事等は、会話を進めていく際に話を広げやすい内容ですので、おすすめです。

宗教、選挙等に関しては、お相手の方によって考え方や捉え方が違うので話題にあげない方がいいかもしれません。
また、芸能人(有名人)の話題は結婚や出産等おめでたい内容は良いのですが、マイナスな内容(悪口等)は、上記と同様、お相手の方によって考え方や捉え方が違うと共に、不快に感じる方もいるので注意して下さい。

会話を上手に切り上げる方法

「会話を繋げたい」という事とは逆に、急いでいる場合や話題を変えたい場合、会話を「切り上げたい=終了させたい」場合等様々なケースがあると思います。

話題を変えたい場合、いきなり相手の話を否定したりすると、相手に不快感を与えてしまうため、相手を聞き入れた(持ち上げた)上で話を転換して下さい。

例えば・・・
「そうですね。○○さんの言うとおり~ですね。ところで△△なのですが」や
「確かに○○さんの言うとおりですね。私もこう思ったんですけど~で…ですので△△がいいと思って~」
等が友好的です。

また、思い切り話題を転換したい場合には
「そうそう○○と言えば…」や
「○○とはちょっと違うけど…」等前の話題を繋げて上手に転換して下さい。
「大阪へよく行く」→「たこ焼き」→「食べ物」等、話をちょっとずつずらしていく事も話を上手に切り上げるポイントです。

話をそろそろ終了させたい場合に、時間が気になって時計をチラチラ気にする方がいらっしゃいますが、こういった態度はマナー違反です。また、お相手のお話の途中でいきなり「それではそろそろ…」と切り出すのもスマートではありません。
とはいえ、話を自分の思うように進ませて、終わらせるという事は簡単な事ではありませんので、話の所々で小さく話をまとめるポイントを挟むと、話を切り上げやすくなるでしょう。
また、お相手に話の主導権がある内は、なかなか話を切り上げられません。上記のお話の転換法を使いながら、あなたがお話の主導権を握る流れにもっていく事が出来れば、お相手に不快感を与える事なく、お話を終了させられるのではないでしょうか。

会話は普段、生活をする上で欠かせない重要なコミュニケーションです。
会話ひとつで、その場の雰囲気や印象に大きく影響します。盛り上げたり、うまく切り上げる事が出来れば、より、色んな人と関わったり、充実した生活を送れると思いませんか?
会話を「苦手だから」と捉えるのではなく、「楽しい」に変えて、パーティーでのコミュニケーションを楽しめるようになって下さいね。

HOME > AT THE PARTY スマートな会話術 > ~ 会話は上手に切り上げて

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ