異業種交流会/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > ABOUT PARTY > パーティーの種類 ~異業種交流会

『ABOUT PARTY パーティーの種類 ~異業種交流会』
異業種交流パーティー 異業種交流会 名刺交換パーティー フリー形式パーティー
PR形式パーティー プレスパーティー イベント形式パーティー オールナイトパーティー ガールズパーティー

異業種交流会とは人と人との交流が第一となります。広い人脈や多業種の人との交流を図る為のきっかけ作りの場です。

基本的には人の交流という根源的な価値を第一とする集まりです。例えば会社経営者や個人事業主、起業家や起業準備中の方、社外に人脈を求める会社員の方や、転職活動中の方、業種・職種・性別・年齢も様々な方が異業種交流会に参加されています。


異業種交流会に参加する意義とは

現代は非常に高度に複雑化しています。言うまでもなく社会には数えきれない程の職業があって、それぞれに分業する事で高度な社会が成り立っているわけです。そんな分業社会で毎日仕事をしていると、思考の範囲や行動の範囲、また付き合う人たちも決まってしまい、社会との接点がどうしても限られてきてしまいます。
また外回りの仕事であればまだしも、社内のみでの業務内容だとその傾向は一層強くなり、新しい出会いや様々な業種の人と会話をする機会が少なくなってしまうようです。特に異性との出会いは学生時代に比べて格段に減ります。

そのような生活の中では、意識的に人と出会えるような場所に出向くか、多くの人と出会えるような機会を作らないと、コミュニュケーション能力が衰えてしまい、人の気持ちを敏感に感じ取る事が出来なくなってしまいます。特に結婚を真剣に考えるようであれば、異性とのコミュニュケーション能力を鍛える必要があります。

つまりあまり難しく考えずに異性との「コミュニュケーションを楽しむ場」と考えてよろしいかと思います。もしくは異性との「コミュニュケーション能力を鍛える場」として活用する方もいます。
もしあなたも次のような項目に当てはまり、思いあたるようであれば、異業種交流会への参加を検討してみてはいかがでしょうか?

□性格が合わないと、自分から壁を作ってしまう傾向がある。


□話が相手に伝わらず、人をせめ、殻にこもってしまう事がある。


□初めて話す人だと緊張してしまい、何を話したらいいかよいかわからなくなる。


□友人との会話は問題ないが、ビジネスの話だとうまく会話が出来ない。


□聞かれた事に対し、すぐに答えられない。うまく伝えられない。


□強気で人に接する事や、相手と駆け引きする事が苦手。


□話の論点がずれてしまい、話がかみ合わない事がよくある。


□相手の思いをくみ取る事が出来ない。


□友人の数は多いが、腹を割って話の出来る仲間は少ない。


□明るい性格だが人前で話すと緊張してしまい、そういう場を極力避けてしまう。


□「場数を踏む」事が大事と思っていても恥をかく事が怖い。


□会話に入りたいと思っていても何を話してよいのか分からず、わざと避けてしまう。


□学生時代は趣味の合う人間と一緒に行動し楽しんでいたが、
 社会人になり学生時代に付き合った事がないタイプの人達と、上手く接する事が出来ない。


□人との関係性を上手く作る事が出来ない。


上記のような質問に4つ以上チェックがあてはまるようであれば、異性とのコミュニケーションに対して苦手意識があるのかもしれません。もしくは苦手と決めつけてしまっているのかもしれません。

だからといって内にこもっていては何も変わりません。むしろ人づきあいが苦手という人程、このような交流の場に出て頂きたいのです。口下手で、人見知りしてしまう、といったような事があるかもしれません。このような方達は、たいてい人の気持ちに敏感で、感受性の高い人が多いように思います。その為、苦手意識を払拭すれば逆にコミュニュケーションの達人になる可能性があるのです。

もちろん「一瞬で変われる」とか「1日で極められる」とは言えません。
あなたは、「なんとか変わりたい!」と思い、コミュニケーションや話し方関連の本等を読み、自分なりに一生懸命努力してきたが改善しない…と諦めていませんか?
人付き合いが苦手の人でも交流の場に慣れて行くうちに、自然と異性とも会話が出来るようになっていくものです。あなたが思うほどコミュニケーションは難しくないのです。
異業種交流パーティーの世界に失敗も成功もないので、恐れる事なく、異業種交流会をどんどん活用して頂きたいと思います。

異業種交流会でコミュニケーション能力をUP!

ビジネスの世界では常に結果が問われ、成功か失敗かの2者択一しかありません。いくら過程が大事といってもその人の評価というのは結果でしか見られないのです。
聞く所によるとこれは日本の教育の中で、コミュニュケーションやトレーニングといったような一種の「実践する」といったようた事があまり重要視されてこなかったという事に原因の発端があるようです。
大人になっても人前で意見がしっかりと言えない、もし失敗してしまったら…というような不安が立ってしまい、失敗を恐れてなかなか行動に移せない日本人が多いように思います。

しかしこれはあくまでビジネスの世界。異業種交流会ではもちろんビジネスの話は必要不可欠でありますが、それぞれが「学ぶ場」であるわけです。そこでは上司も部下も年齢も役職もありません。
売れるための戦略や経営観念等、それが正しいかどうかではなく、自分の意見を主張し発信する事が尊重される場です。もし仮に失言をしたとしても直接本業のビジネスに支障がでるような事はありません。自分自身のコミュニュケーション能力を気軽にトレーニングする為には最適の場だと言えるでしょう。

実際に異業種交流会に参加した方からはこんな意見をよく聞きます。

  • 「いろんな人と話しが出来て本当に勉強になりました」
  • 「普段出会えない業種の人と出会い刺激をうけた」
  • 「名刺交換によってその人がなにをやっているか明確だし素性が知れているため安心感がある」
  • 「参加者は皆何かを得たくて来ているため積極的。自分も皆さんに何かを提供出来ればという気持ちになった」
  • 「初めてで不安だったけれど気負わない感じが良かった」
つまり参加するだけでも勉強になるし、お互いを刺激し合えるような場所なのです。新しい人と出会うという事は自分のお付き合いの幅が広がる事に他なりません。自分のお付き合いの幅を広げて、誰かの為に自分の知識をシェアしてみる。そんなギブ&テイクな環境で有意義に過ごす事が出来る会が、異業種交流会なのです。

HOME > ABOUT PARTY > パーティーの種類 ~異業種交流会

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ